いつまでもかっこよくいるために薄毛は防ごう

抜け毛・薄毛に悩む男性の数は年々増えています。

男性の抜け毛・薄毛はAGAと言い、主にホルモンバランスの乱れが原因と言われていますが、もちろんそれ以外の要因がAGAの原因たりえることもあります。

俗にいう「若ハゲ」や「円形脱毛症」もAGAの一種なので、年齢問わず多くの男が悩んでいる薄毛・抜け毛にはAGA療法が有効ということです。

AGAが進行すると男としては恥ずかしいものがあります。

特に年齢相応の抜け毛・薄毛ならまだしも、若いのに抜け毛・薄毛に悩むようになってしまったら悩みの種となってしまう可能性が大きいです。

そして、今の時代若くて抜け毛・薄毛に悩む人が増えてきています。

そこにはいくつかの理由が考えられます。

自分の中で少しでも気になる部分があるのならば、改善しましょう。

薄毛の主な原因

薄毛の主な原因を紹介しています。

ホルモンバランスの乱れ

AGAの原因として最も多いのがこのホルモンバランスの乱れです。

特にDHTとテストステロンという男性ホルモンは毛髪に大きな影響を与えるという研究結果も出ています。

DHTは、還元酵素の影響でテストステロンが変質した男性ホルモンです。

このDHTは、髪の毛の成長を遅らせる効果があると同時に、髪の毛以外の毛を強くする効果があります。

つまり、「毛深いのに髪の毛だけは……」というAGAの場合、確実にこのDHTが原因です。

生活習慣の乱れ

睡眠不足や栄養失調などの生活習慣の乱れがAGAの原因になることも多いです。

特に生活習慣の乱れが原因となるAGAの中でも、血行不良はAGAを大いに促進させます。

血糖値や血圧が高いと血液はドロドロになり、この状態の血液だと毛細血管を上手く流れることはできないため、栄養の運搬が滞ります。

そして、頭皮を流れる血管は全て毛細血管です。

毛細血管に栄養が行き渡らないと、毛根・毛髪の成長を阻害します。

ストレス

ストレスはAGAの中でも円形脱毛症の大きな影響になりますが、ストレスの蓄積によって免疫力が低下するので円形脱毛症以外のAGAの原因にもなり得ます。

遺伝

遺伝がAGAの原因というのは不確実な要素があるため賛否両論ですが、若ハゲを筆頭に実際のデータでは遺伝が大きく影響を及ぼしていることが分かっています。

間違ったヘアケア

間違ったヘアケア、特にシャンプーの仕方や染髪の頻度、髪のドライ方法が脱毛・抜け毛の原因になることが多いです。