包茎は日本人男性の7割が抱えている悩み

包茎は男性が抱えている悩みの中でも、かなりポピュラーな悩みです。

日本人男性の7割は包茎という統計データが出ており、包茎の改善方法・治療方法を求める人は後を絶ちません。 包茎は男の自尊心を傷つけますし、症状によっては身体に悪影響を及ぼします。

そもそも、幼い頃の亀頭と包皮は必ず合着しており、その包皮が成長とともにペニスの根元の方へ引っ張られるようにめくれあがっていき、やがて亀頭が露出するようになります。

しかし、過度のマスターベーションや間違ったマスターベーション、ペニスに対する過度な刺激などが原因で、包皮のめくり上がる度合いが小さくなり、亀頭が一部しか露出しない、またはまったく露出しないことがあります。これが包茎です。

 

包茎の種類

包茎は3種類に分類することができます。

男性器が部分的に包皮で覆われている『仮性包茎』男性器が完全に包皮で覆われている『真性包茎』包皮が短いため勃起後、通常時に戻りにくい『カントン包茎』といった風に分けることができます。

仮性包茎の場合、手術や治療がいらないという場合が多いですが、真性包茎・カントン包茎は身体に悪影響を及ぼすため迅速な治療・手術が求められます。

仮性包茎

日本人の7割が包茎で、その7割のさらに7割~8割の人は仮性包茎に該当します。

通常は包皮が亀頭を覆っていますが、手で剥けば簡単に亀頭を露出させることができます。

勃起時になると手で剥く必要がないくらい亀頭が露出する男性器から、勃起時でもほとんど包皮をかぶったままの男性器までを仮性包茎と言い、端的に言うなら亀頭の一部を包皮が覆っている状態をさします。

仮性包茎は通常のペニスよりも刺激に対して弱くなりやすく、そのため早漏になりやすいと言われています。

また、包皮と亀頭の間に恥垢が溜まりやすいので性病にも感染しやすいと言われています。

しかし、仮性包茎こそ正しい男性器の在り方だという考え方もあり、早急に治療を施す必要がないと捉えられています。

真性包茎

通常時・勃起時関係なく亀頭が包皮に完全に覆われており、自力では剥けない状態のペニスを真性包茎と言います。

真性包茎は、包皮口が異常に狭い状態あるいは亀頭と包皮がくっついている状態なので早急な手術が必要です。

真性包茎を放置しておくと、亀頭炎や包皮炎を招くだけでなく、溜まった膿によって悪臭の温床になったり、ペニスの成長を妨げる要因になったりします。

最悪、ペニスが包皮の中で腐ってしまうケースがあります。

カントン包茎

包皮口が狭いので、剥くときに苦労しますが、一応剥くことはできる。

しかし、包皮が短いために剥いた状態から戻らない包茎をカントン包茎と言います。

いわば仮性包茎と真性包茎の中間のような包茎です。

この包皮が戻らない状態を放置しておくと、包皮が水膨れのように腫れてしまうことがあり、ソフトボール大のサイズにまで腫れあがったというケースがあります。

また、亀頭が鬱血してしまい、壊死することもあります。

勃起時に亀頭に違和感を感じたり、痛みを伴ったりした場合、カントン包茎と見なしてほぼ間違いありませんが、亀頭が露出しているため包茎と思わない人がほとんどですので、少しでも違和感を感じたら早急にクリニックに行きましょう。カントン包茎は早急な手術を要します。