年齢とわずEDには気を付けよう

EDは包茎と同じように多くの男性を悩ませる性の悩みです。

EDとは一言で言うと男性器が性的な興奮・刺激を受けても反応せず勃起しないことを指します。

そのため、別名勃起不全・勃起障害と言い、一昔前はインポテンツと呼ばれていました。

そもそも勃起をするには、下記の4つの条件が必要です。

  1. 視覚や触覚で得た刺激(性的な刺激)を受け取る脳が正常であること
  2. 脳で受けた刺激を伝達する神経が正常であること
  3. 男性器に血液を送り込むための血管・血流が正常であること
  4. 勃起状態を維持する海綿体が正常であること

逆に言えば、EDとはこの4つの条件のうちどれか1つでも満たされていないことをさします。

EDの原因を知ろう

EDは原因によって大きく4つのタイプに分けることができます。

器質性ED(血管や神経の障害が原因)

加齢に伴うものであれば、動脈硬化が最も代表的な原因です。

動脈硬化になってしまうと、血管が十分に広がらないため血流が悪くなり、結果として海綿体全体へ十分な血液が流れ込まないためEDが起きやすくなります。

また、高血圧、高脂血、高血糖、糖尿病などの生活習慣病や現代病でも血のめぐりが悪くなりEDを引き起こすことが考えられます。

脳出血やアルツハイマーで脳に損傷を負った場合も器質性EDの原因になります。

心因性ED(ストレスやコンプレックスが原因)

日常で積み重なったストレスやプレッシャーがEDを引き起こす原因になります。

例えば、性交時にセックスパートナーに「ダメな男」、「下手くそ」、「早い」、「短い」などと罵倒されると自尊心が傷つきEDに陥りますし、「結婚生活が上手くいっていない」「子供を強く望まれている」「睡眠不足」といったような場合でもEDに陥ります。

また、幼少期の教育や性的トラウマがEDの原因になることがありますが、これも心因性EDの一種です。

混合型ED(器質性ED+心因性EDが原因)

高血圧や糖尿病などの器質性EDに加え、その器質性EDであることをストレスに思い心因性EDも患ってしまうことが原因です。

実はEDに罹患している人の割合の中で一番多いのがこの混合型EDです。

薬剤性ED(特定の薬剤の服用が原因)

一部の種類の薬剤は、EDの原因たりえる成分を含んでいます。

具体的には中枢神経に作用する薬剤、末梢神経に作用する薬剤、循環器系に作用する薬剤、消化器官に作用する薬剤が薬剤性EDの原因になるような成分を含んでいます。

ひと昔前まではEDとは器質性EDはもちろん、その他のEDも高齢で悩む方が多く若い人には無縁のものと言われていました。

しかし、現在ではEDは年齢を問わなくなっています。

理由としては「若者でもストレスを感じやすい社会になったこと」「食生活などが不規則な若者が増えてきたこと」「性的に興奮するためのAVやエロ本の多様化により現実ではあまり興奮しない人が増えてきていること」などが原因として挙げられます。