包茎を治す方法は3つある!

包茎は放置しておくと悪臭のもとになるなど衛生的に悪いだけでなく、痛みや性病のもととなり、最悪ペニスが腐ってしまう可能性さえある病気です。

特に真性包茎・カントン包茎は他の病気への罹患率が非常に高く、一刻も早く治療を施して包茎の悩みを解決する必要があります。

仮性包茎については必ずしも手術を受ける必要はありませんが、

包茎は色々な治療法があるので、自分の予算に合った、自分の症状に合った、自分のライフスタイルに合った治療法を行いましょう。

包茎治療の種類

包茎の主な治療法を説明していきます。自分の症状であったり、経済状況と相談して治療方針を決めていくのが良いでしょう。

包茎手術

包茎治療法の中で最も代表的なのが、この包茎手術です。

仮性包茎はともかく、真性包茎とカントン包茎はこの方法でないと治療・改善をすることができません。

包茎手術の方法は色々あり、あまった包皮を切除する方法もあれば、メスを使わずに糸だけを使って手術をする方法があります。

この包茎手術は値段がピンキリですが、以前は10万~30万円と高額でしたが、現在は5万~10万円程度と比較的リーズナブルになってきています。

詳しく言うと、糸を使って皮を繋ぎとめる方法だと安く、メスで丁寧に切除し仕上がりも綺麗な状態におさまるような方法だと値段が高いです。

包茎手術を行っているクリニックは全国津々浦々に存在します。有名なのは広告宣伝に力をいれている「上野クリニック」(クリニックの公式サイトへ遷移)でしょう。また、値段面、安全面から考えて「ABCクリニック」(クリニックの公式サイトへ遷移)もお勧めできるクリニックです。この2つのクリニックが現在の2トップですね。

包茎改善エクササイズ

包茎改善エクササイズは仮性包茎にしか使えない方法です。

これは仮性包茎だけが、亀頭を覆っている包皮をすんなり自分で剥けることから考案された方法で、その内容は、自分で適度に包皮を剥きその状態で亀頭や陰茎を刺激して増大させることで包皮を戻らなくするというエクササイズ方法です。

勿論、性器はデリケートな部分なので包茎改善トレーニングのやりすぎはペニスを痛める恐れがありますし、逆に包皮が伸びてしまう恐れがあるのであまりおすすめはしません。

しかし、無料で包茎を治すことができる方法として様々なエクササイズ方法があるのも事実です。

包茎矯正器具

包茎矯正器具・包茎改善器具を用いて、包茎を治すことができます。

この方法も包皮を剥く必要があるので、包茎改善トレーニングと同じく仮性包茎にしか使うことができません。

中には真性包茎にも効く器具もありますが、これはペニスを傷つける可能性が非常に大きいためおすすめできません。

包茎矯正器具の主流はペニスに装着して包皮の伸びを抑制するリングタイプです。

その他にもリング装着時の不自然さをなくすための下着タイプや、包皮を止める接着タイプがあります。

もちろん、この包茎矯正器具の場合でもペニスを傷つける恐れがあるので着用したまま過ごすのは厳禁で、一日あたり何分と時間を決めて着用することが必要です。

この包茎矯正器具の特徴は、包茎改善トレーニングより効き目が出やすいということです。